【冬期公開講座】「バプテストの教会形成 Ⅱ :バプテストとして建てる『信徒の教会』」

資料ダウンロード tbts_2022winter_20221025

講義への呼びかけ 「信徒の教会」を建てる ― 何から始める? ―

夏の講義では、バプテストは当初より「教会の形成」に関心を寄せ、バプテスト誕生もそこにあったことを確認しました。また、私たちにバプテストの信仰を伝えたアメリカのバプテストの歴史も概観しました。冬の講義では、それらを思い出しながら、「バプテストとして建てる『信徒の教会』」をテーマにします。

まず、私たちの来し方をもう少し知るために、1889年の南部バプテストの日本伝道着手の背景と、その際に伝えられたバプテスト理解を学びます。

 次に、1947年の日本バプテスト連盟結成に導いた南部バプテスト連盟と、その協力の基盤としての、当時の南部バプテストのバプテスト理解を確認します。ここでは連盟の2つの信仰宣言(1947年、1979年)も学びます。

 残りの講義は「信徒と教会」に絞ります。古代から始まる教会の歴史の「信徒」理解の変遷を知ります。その上で、バプテストの信徒理解と「信徒の教会」について学びます。昨今特によく耳にし、バプテスト教会のあるべき姿と教えられる「信徒の教会」とは、そもそもどのような教会を指すのかを考えます。その中で「信徒伝道者」について触れ、具体的な例を紹介して、バプテストの「信徒伝道者」と「信徒の教会」の形成を考えます。

 最後に、今年度の公開講座の主要テーマ「教会形成を考える」に結びつけ、学んだこと、考えたこと、励ますなどを自由に分かち合う時を持ちます。

講義Ⅰ 伝えられたバプテストの教会理解
<12月26日(月)10時30分~12時半30分>

南部バプテスト宣教師によって伝えられ、私たちも受容した教会理解を学びます。連盟結成に必須であった1947年版信仰宣言、1979年に新たに作成された現行の連盟信仰宣言に触れます。

 

講義Ⅱ 「信徒理解」の変遷①:古代から中世
<12月26日(月)13時30分~15時半30分>

教会の歴史で変遷した「信徒」理解を知り、教会理解とその形成に与えた影響を考えながら、バプテストが標榜する「信徒の教会」に繋げます。この回では、古代から中世の「信徒」理解の変遷を学びます。

 

講義Ⅲ 「信徒理解」の変遷②:宗教改革
<12月26日(月)16時~18時>

信徒運動の視点から宗教改革を学びます。マルチン・ルターが提唱した「全信徒(万人)祭司」に注目し、バプテストの「万人祭司」理解の基礎とします。

 

講義Ⅳ 「バプテストの『信徒理解』」
<12月27日(火)10時~12時>

よく耳にする「バプテストは信徒の教会」を念頭に置きつつ、バプテストの信徒理解を探ります。傑出したバプテスト「信徒」の生涯と貢献を紹介し、バプテストが「信徒」に求めた資質を考えます。「信徒の教会」における「信徒」と「牧師」のあり方も模索します。

 

講義Ⅴ 「信徒の教会」と教会の教育
<12月27日(火)13時~15時>

これまでの学びを振り返り、「信徒の教会とはどのような教会か」、「信徒の教会の形成に必須な事柄とは何か」を考えます。特に「教会における教育の役割」に光を当てます。最後に、公開講座の総主題「バプテストの教会形成」をめぐり、分かち合いの時とします。

 

※宣研ブックレット6『ここに立って私たちは』を授業で使うので必ず手元に用意しておいてください。
※開講時間は変更する場合があります。

講座開催要領

  • 日  時  2022年12月26~27日(月、火)
  • 場  所  茗荷谷キリスト教会礼拝堂(東京都文京区大塚1-1-18)
  • テ ー マ  「バプテストの教会形成Ⅱ:バプテストとして建てる『信徒の教会』」
  • 講  師  金丸英子先生(西南学院大学神学部教授)
  • 教 科 書  『ここに立って私たちは』宣研ブックレット6(日本バプテスト連盟宣教研究所)
    『見えてくるバプテストの歴史』(関東学院大学出版会、斎藤・村椿他)
  • 参 考 書  『資料 バプテストの信仰告白(改訂版)』(ヨルダン社、斎藤・高野)
  • 参 加 費  ●後援会受講:受講料 7,500 円(卒業生・牧師・主事も同額、但し単位取得はできません)
    • 本科生:受講料 12,500 円 ●一般受講者:受講料 15,000 円
    • *通信受講は+5,000円の通信事務費が必要です。
    • *後援会会員になるためには「年会費5,000円」が必要です。
  • 申込締切  12月16日(金)

申し込みフォーム


 

教会共同受講の方は下記の申込書をダウンロードして記入後、事務局(seminary@tbts.jp)宛に送信してください。

教会共同受講申込書 ダウンロード