2020年度 冬期公開講座

2020年度の冬期公開講座は、旧約聖書学の月本昭男先生(前立教大学文学部教授、現上智大学神学部特任教授)をお招きしてヨブ記・コヘレト書の知恵文学を学ぶ予定です。旧約聖書は、ユダヤ民族2000年間の知恵の結集であり、旧約聖書の理解なしには新約聖書を理解することも難しい書です。月本先生は旧約聖書学では第一人者とされ、数多くの著作を著されています。
なお、今年は新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、教室での受講を50名までに限定し、通信受講(含むライブ受講・教会共同受講)を併用して開催します。教室での受講生は全員マスク着用でお願いします。

1.講座開催要領

  • 日  時  2020年12月28~29日(月、火)
  • 場  所  茗荷谷キリスト教会礼拝堂(〒112-0012 東京都文京区大塚1-1-18)
  • テ ー マ  「現代にヨブ記・コヘレト書を読む」
  • 講  師  月本昭男先生(上智大学神学部特任教授・立教大学文学部名誉教授)
  • 主要著書  『創世記注解』日本基督教団・宣教委員会「”現代の宣教”のための聖書注解書」
    『詩篇の思想と信仰1~6』新教出版社2003~2020
    『物語としての旧約聖書上・下』NHK出版 2018(ラジオ講座テキスト)他
  • 参 加 費  本科生:受講料 12,500 円
    聴講生(及び一般の方):受講料 15,000 円
    *通信受講は+5,000円(通信手数料)
  • 参加費特例 当校卒業生、後援会会員、連盟加盟教会牧師、三連合役員の方は受講料15,000円が
    半額になります(7,500 円)。
  • 申込締切  12月11日(金)

2.プログラム

12月28日(月) 10:00 ~ 10:30

10:30 ~ 12:30

12:30 ~ 13:30

13:30 ~ 15:30

15:30 ~ 16:00

16:00 ~ 18:00

「開会礼拝」

講義Ⅰ「現代にヨブ記を読む1」

昼食・休憩

講義Ⅱ「現代にヨブ記を読む2」

休憩

講義Ⅲ「現代にヨブ記を読む3」

12月29日(火)  

10:00 ~ 12:00

12:00 ~ 13:00

13:00 ~ 15:00

15:00 ~ 15:30

15:30 ~ 16:00

 

講義Ⅳ「現代にコヘレト書を読む1」

昼食・休憩

講義Ⅴ「現代にコヘレト書を読む2」

休憩

「閉会礼拝」

3.ヨブ記とコヘレト書について

旧約聖書の中で、ヨブ記とコヘレト書は知恵文学と呼ばれますが、両書とも伝統的な神理解を超えた特異な書です。紀元前3世紀以降、地中海世界は急速なヘレニズム化が始まり、イスラエルにおいても、伝統的な神信仰が崩され、当然と考えられていた応報思想(「正義は栄え、悪は滅びる」等)や、神への信頼(「神は苦難の時に助けて下さる」等)に対して、否定的な思想が生まれていきます。その中で書かれたのが「神は本当に正義の神であるのか」を問うヨブ記であり、「神の為されることはわからない」と明言するコヘレト書です。このようなテキストが聖書正典として受け入れられてきたことは、聖書の懐の深さを示しています。この講義では、そうした問題意識をもって創世記という書物全体を見通してみたいと思います。

冬期公開講座申込書

※◉印をお付けください。 ※教会に複数人が集まって教会共同受講をすることはできます。その場合、後援会会員であれば半額(7,500円)で受講できます。