「夏期公開講座」8月8日(木)まで追加募集中!ぜひご覧ください。

2019年度夏期公開講座のご案内

2019年度夏期公開講座は、「聖書学は新約聖書をどう読むかⅠ」として、教会内で解釈が別れる「降誕物語」、「贖罪論」、「復活論」に集中して、聖書学的視点から事柄を読んでいきます。講師は新約聖書学を専攻される青野太潮先生(西南学院大学名誉教授)をお呼びします。
なお、今回は冬期公開講座に松見俊先生(前西南学院神学部教授)をお呼びし、同じテーマを組織神学の視点から読むことを企画しています。

公開講座の申し込みはこちらから

教会共同受講・申し込み書をダウンロード

1.講座開催要領

  • 日  時  2019年8月14~16日(水、木、金)
  • 場  所  茗荷谷キリスト教会礼拝堂(〒112-0012 東京都文京区大塚1-1-18)
  • テ ー マ  「新約聖書をどう読むかⅠ」-聖書学からのアプローチ
  • 講  師  青野太潮先生(西南学院神学部名誉教授)

参考図書  『どう読むか、聖書』青野太潮著(朝日選書、1994年)
主要著書  『パウロー十字架の使徒』(岩波新書、2016年)
十字架につけられ給ひしままなるキリスト』(新教出版社、2016年)
最初期キリスト教思想の軌跡―イエス・パウロ・その後』(新教出版社、2013年)他
参 加 費   本科生:受講料 12,500 円 聴講生(及び一般の方):受講料 15,000 円
*通信受講は+5,000円(通信手数料)
*部分参加は、1講義3,000円
参加費特例 当校卒業生、後援会会員、連盟加盟教会牧師、三連合役員の方は受講料15,000円が半額になります。(7,500 円)
申込締切  8月8日(木)まで ⇒ 追加募集中!

2.プログラム(予定)

8月14日(水) 13:00 ~ 13:30

13:30 ~ 14:30

14:30 ~ 16:30

17:00 ~ 18:00

「開会礼拝」

オリエンテーション

講義Ⅰ「聖書学は新約聖書をどう読むか~はじめに」

「懇談の時~講師を囲んで」

8月15日(木) 10:00 ~ 12:00

12:00 ~ 13:00

13:00 ~ 14:00

14:30 ~ 16:30

講義Ⅱ「聖書学は新約聖書をどう読むか~受肉論」

休憩(昼食)

「連合諸教会の交流の時」(神奈川連合担当)

講義Ⅲ「聖書学は新約聖書をどう読むか~贖罪論」

8月16日(金) 10:00 ~ 12:00

12:00 ~ 13:00

13:00 ~ 15:00

15:00 ~ 15:30

講義Ⅳ「聖書学は新約聖書をどう読むか~復活論」

休憩(昼食)

講義Ⅴ「聖書学は新約聖書をどう読むか~イエスとパウロ」

「閉会礼拝」

公開講座の申し込みはこちらから

3.冬期公開講座の開催

冬期公開講座は2019年12月26~27日(木・金)、同じく茗荷谷キリスト教会礼拝堂にて、「新約聖書をどう読むかⅡ」(降誕物語、贖罪論、復活論等を組織神学はどう読むか)を予定しています。ご予定下さい。